美容目的でプレドニゾロンを使用する際の摂取量

プレドニゾロンは炎症を鎮め、免疫系の働きを抑える作用を持つ薬で、その他にも多くの作用を持つことから、様々な症状の治療に使用されます。プレドニゾロンはステロイド薬に分類されます。これは生命の維持に欠かせない副腎皮質ホルモンの働きを科学的に合成した薬の総称です。副腎皮質ホルモンには、炎症を起こす原因物質に働きかけて強力にこれを抑える抗炎症作用と血管の壁を強くして出血を抑える作用、更に人体に加わるストレスに対して抵抗力を増加させる作用などがあります。プレドニゾロンはその作用により古くから各診療科で処方されてきました。内科においてはリウマチ疾患や膠原病、気管支喘息、花粉症といったアレルギー性疾患、整形外科においては関節リウマチや関節炎、座骨神経痛、眼科では結膜炎や角膜炎、歯科では歯槽膿漏などです。なかでも皮膚科では顔の湿疹や蕁麻疹、アトピー性皮膚炎など症状が体の表面に出て目立つため美容の観点からも頻繁に使用されています。特にアトピー性皮膚炎は、肌のバリア機能がうまく働かない状態になり、そこにアレルギーのもとであるアレルゲンが侵入して免疫反応が過剰に起こって炎症ができる症状で、顔にも強く症状が出るため美容の面でも問題となります。プレドニゾロンならば免疫反応と炎症反応を同時に抑えるために効果が高く、肌の回復を早めることができ、美容の面からも優れています。しかしながらプレドニゾロンをはじめとするステロイド薬は効果が強いため、摂取量と服用法をしっかりと守ることが必要です。特に摂取量を誤ると副作用の危険性が高まります。また、摂取量が多い場合には免疫抑制効果により感染症にかかりやすい状態となるので、外出時のマスクや手洗いうがいの徹底などで対策が必要となります。