歯医者で治療は食生活改善が可能!美容にも影響する!

歯の美しさは見た目の印象を大きく左右します。
そのため歯医者に定期的に通ってクリーニングをすることは白い歯を維持できるというメリットがあるだけでなく、歯で物を美味しくかみしめて食べることができるという健康にもつながります。
唾液の分泌がきちんとなされているかどうかは口腔状態に深くかかわりますし、乾燥せず口臭を防いでくれる効果もあります。

見た目の美しさから言えば歯の白さだけでなく歯並びの美しさや失った歯をインプラントにする方法も効果的です。
昔は入れ歯しか選択肢がありませんでしたが、最近ではインプラントも審美の一環として受け入れられてきています。
形成美容外科でも審美歯科を専門にしてインプラントを実施しているクリニックがありますから、アンチエイジング対策としても有効です。

歯医者で行うインプラントは、あごの骨に人工歯根を埋め込み、その上に人口の歯をかぶせる方法です。
ぐらついたり、外れたりする心配がなく、物をかむ力も自分の歯と変わりません。
取り外してお手入れをする必要がないので入れ歯よりも取り扱いが簡単です。
骨の状態に厚みや深さが不足している時には骨誘導再生法という骨の造成手術を行う必要があります。
入院の必要がないので手術にも抵抗を感じませんし、事前にカウンセリングをじっくりと行いますので安心です。
アフターメンテナンスも自分の歯と同じように歯ブラシで磨けばよいのでシンプルです。

歯の健康は食生活にも深く影響しています。
歯の表面のエナメル質を強化するためにはカルシウムが必要です。
糖や酸に弱いので、ジュースやお菓子など間食を避けて食事の時間はきちんと間をあけることが大切です。
動物性食品よりも植物性食品や野菜、果物のほうが歯を丈夫にしてくれます。
カルシウムの吸収率を高めるためにはビタミンDを一緒にとるのがおすすめです。
歯茎を健康に保つにはビタミンCが必要です。
歯肉の血管を強化してくれます。
鉄分や亜鉛も一緒に取ると栄養価が高くなります。
食生活で大切なことは栄養素だけでなく、よく噛むことを習慣にすることもあげられます。
よく噛むことであごの筋肉が強くなりますし、血液の循環が良くなるので歯茎もきれいなピンク色になります。
歯槽骨も刺激されるので歯も丈夫になります。
歯科で矯正治療を受けている方は装置などを装着していることでストレスを感じてしまいます。
そのためビタミンCを積極的に摂取することが大切です。
食事制限をされている方はビタミンサプリなどを活用することも検討してみて下さい。
特に女性にとっては亜鉛や葉酸、ビタミンCは健康だけでなく美容に欠かせない成分です。
毎日の食べ物を見直して改善するだけで歯医者へ行くのは定期検診だけでよいという生活を手に入れましょう。