和の美肌を生み出す秋田の美容術

秋田の女性というと、色が白く美肌のイメージを持つ人も少なくないと思います。実際、秋田美人と昔から言われているように、和の美肌を持つと言われる人が多くいます。では秋田の人はなぜ美しい肌を持つ人が多いのでしょうか。そこには4つのポイントがあります。
まず1つ目に日照時間が日本で一番少ないということが挙げられます。日照時間が短いということは紫外線を浴びる時間も少なく、それだけ肌にダメージを受けにくいことが言えます。女性は日焼け止めを使い、紫外線をブロックしようとしますが、秋田の人は小さい頃から紫外線のダメージを受けにくい状況が備わっていると言えます。2つ目に寒い気候であることが挙げられます。肌は周りの温度に合わせ血管を拡張、伸縮さることで皮膚の温度を一定に保つことが出来ます。秋田に限らず寒い地方では、部屋が暖かく外は寒いという温度差の激しい室内外の出入りを繰り返すことで自然に顔の血行が良くなります。血行が良くなることで血液を通して栄養を肌にしっかりと送ることが出来ます。3つ目に冬でも湿度が高いことが挙げられ、その湿度は約60%と高いです。4つ目に食生活が挙げられます。秋田の人は味噌や漬物などを良く食べ、麹を普段の食事からよく摂っています。麹には肌を美しく滑らかにする効果があるので、正に和の美肌のための食材と言えます。
秋田の美肌の条件に従い、美白美容の為に取り入れるとすると、まずは紫外線対策をしっかりと行うこと、洗顔をする際には氷水を使うこと、乾燥の時期には部屋の湿度を60%前後にする、発酵食品を食べ麹を積極的に摂取することが考えられます。美肌美容は1日2日で成り立つものではなく、長期間を見据えて行う必要があります。秋田に学ぶ美容術で、美しい白い肌を目指しましょう。